<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

私は親ではありません!

朝、出勤する私を待ち構えている女生徒一人。

「昨日、早退して、今朝も微熱があったんだけど、
お母さんに
『仕事で面倒見られないから、薬が効くまで保健室で休んでなさい』
って言われて、流れで登校してきた」

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!?
朝っぱらから、これ以上疲れることはない・・・っていう気分ですわ。

「学校は託児所じゃないのよ、ふざけるな!」
ってのは、生徒本人に言ったって仕方のないことだし、
逆に言えば、目の前にいるのは、
そんなふうに朝から、母親に放棄された、かわいそうな娘。

とりあえず、1時間目は寝かせたさ。
だけど、熱もないし顔色も悪くないし、授業も「やってやれないことはない」
感じの子を、そう何時間もあずかるわけにも行かない。
他の子の手前だってあるし・・・。

だけど、教室に行くことを彼女は渋る。



これがもし、「大丈夫?学校休む?」って声をかけられながら
「ううん、頑張る」って言って出てきたなら、
一日何とかやれる程度の体調ではあるわけなのよ。
何の苦もなく暮らせるほどに元気ではないけど、
ちょっと「我慢」「努力」すればできるくらいなの。
中学生の「不調」って、こんな程度がいちばん多い。

だけどね、朝から「面倒見られないから、登校しろ」
なーんて言われちゃったあとに、頑張れるわけないじゃん。

ほんとにねぇ・・・。
親にも事情があるのはわかるよ。
出産後24時間×365日×20年間、
「立派な親の顔」をし通せ、とは、言わないよ。


だけどさあ、
臆面もなく「面倒見られない」って言い放つくらいなら、
産むんじゃないよ・・・と、言いたい・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-10-20 12:27 | いい加減にしろ!

犯人はいるのか?

朝から「いじめ報道」を見ると、出勤意欲がすっかりそがれてしまう中、
自分の尻を叩きつつ、働く今日この頃です。

学校のほうも、報道のあおりを受けて、
日ごろは話題にも上らなかったような小さな子ども同士のトラブルまでを
やたら大きく取り上げる親御さんが急増中。
今日も、管理職は一日中、保護者面談している感じでした。
・・・まあ、親が子どもの言うことに、感心を寄せてくれるようになったのは
いいことなのかもしれませんが・・・。


それにしても、報道を見ていると、
せつない気持ちになることばかりだったりします。
この期に及んで、「学校にばかり責任を押し付けるな」とか
そんなことを、わざわざ言いたいとは思ってもいませんが・・・。

この、「犯人捜し」にばかり終始する体質。
誰か(もしくはどこか)に「絶対的な非」を求めて、
総出でそれを責めたてることで安心しようとするような空気、
それこそが、いじめ構造そのもののように見えたりもするのですが・・・。
国中で、こんな「いじめの現場」を朝から晩まで見せ付けているのだもの、
子どもの世界から「いじめ」がなくならないのも、当然じゃない?
・・・そんな気持ちになったりもします。

現に、コレを書いている今現在の私さえ、
この記事の、ことばの端っこをとらえて
「私はそんなコト言っているんじゃないよぉ」といいたいような形で
誰かに責められたら、どないしよ・・・とおびえている始末です。


繰り返し言いますけれど
「学校が悪いわけじゃない」といいたいのでもなければ
「学校ばかりを責めるなよ」といいたいわけでもなく、
ただ、
責め合いばかりじゃない方向へ行くことは出来ないの?
もっとあたたかいやり方で、みんなで手を取り合って
同じ悲劇を繰り返さない方法を探していくことは出来ないの?・・・って、
そう思っているだけです。


誰か一人が極悪人だっただけで、
取り返しのつかない悲劇なんて起きないと思う。
みんながみんな、少しずつ、悪いほうが、
ずっと大きなパワーだもの。
同じように、何かをいい方向に持って行きたかったら、
みんなが少しずつ「いいもの」を出し合うことのほうが
大事なんじゃないの?って思うのは
おかしいのかなぁ・・・??


ああ、なんだか、ことばが追いつかないな・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-10-18 23:39 | いい加減にしろ!