<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

噴出す毒

暑かったから、朝から覚悟はしていた。
こんな日は誰だって、やる気なんて出ないよね。

「暑い」「だるい」「頭が痛い」
「生理痛」「手が痛い」「足が痛い」
「眠い」「かゆい」・・・・・・・。

授業中も休み時間も、関係なしに、
一人去ればまた一人、二人去ったら四人。
切れ目なく来室者が続く。
訴えを持った生徒だけで、午前中に三十人を超えた。
平均しても七分に一人。

暑いのも痛いのも、かゆいのも気持ち悪いのも、
きっと嘘じゃない。
だけど、あなたたちだけでもない。
みんなが我慢している中で、我慢できない人だけが集まっている。
そう思う気持ちは、抑えられない。

耐えること、待つことを知らない子どもたちは、
「自分を見て」という訴えを押し付けてくることしかしない。
二人を同時に相手することは出来ないと
何度言っても、聞く耳なんて当然持っていない。


それでもおっとりと、それでもにこやかに、
ただひとつひとつ、一人ひとり、
相手をしていた、受け止めようとしていた。

誰だってみな、すべてがうまくいっているから、頑張っているんじゃない。
多少どこかが痛くても、多少快適じゃなくても
我慢しなきゃならないことが、そうするしかしかたないことがあるじゃないか、と、
そう、子どもに向かって苛立つのは、大人げないことだろうか。


でも、もっと、大人げないことをした。


何かの不調を盾にして、授業を抜けて保健室に居座る少女相手に。


「学校辞めたーい」と言った少女に対して、
「私は仕事やめたいよ」と言い放ったときはまだ冗談だった。
「やめればいいじゃん」
「やめたら食べていかれないでしょ」

「生きていかなきゃならないから、だから、いやなコトだって我慢して
頑張っているんだよ」
といったときに、
「でもそれは、仕事としては楽なことでしょ」
と、彼女が言った。

どういう基準で決まっているのだろう、本当に、当然の前提として、
決まりきったこととして、そう彼女が言い放ったときに、
私の中の何かが、ぶちっと音を立てて切れた。


「なんで、そんなひどいことが言えるの?
いわれたほうがどんな気持ちになるかわかっているの?考えたことある?
毎日毎日、大勢のわがままと勝手の相手ばっかりして、
返ってくることばは『ラクでいいね』って、
誰にもわかってもらえなくて、誰にも助けてもらえなくて、
どれだけ我慢してると思うの??」

叱ったわけでは当然ない。
怒鳴ることも、声を荒げることもなく
静かな声で淡々と、私は彼女を追い詰めていった。
子どものわがままに対して、何を本気になっているのかと、
仕事も立場も忘れて、何を非常識なことをしているのかと、
そう、冷静に自分を見つめる自分がいても
からだの奥からあふれてくる毒を、もうどうにも押さえられなかった。


それは常識とか、道徳とかをとっくに超えて、
自分自身が生きてくる中で、そこかしこに澱のようにたまった毒を
ただ吐き出しているだけだった。
省みられることも報われることもあまりに少ないと
心のどこかで思ってしまっている自分の人生そのものに対しての
やりきれない思いが、
彼女たちには関係のないことだと、わかっていたにもかかわらず。

いい歳をして何をやっているのかと思う。
けれども、いい歳をしている分だけ、やりきれない記憶の量もまた多い。
持ち重りのするほどの量になった過去と、
閉塞感に満ちて、まだ、あまるほどに長い未来と
両方を持て余した自分は、
幼い中にはいっぱいいっぱいであろう悩みやつらさを抱えた彼女たちに
共感するゆとりを完全に失っていた。


14か15の幼い身に、中年女の毒を容赦なく浴びせられた少女は、
普段とは別人のように、ただ、黙り込んでいた。


ああ、最低だな、私。
こんなんで、現場にいていいのかな。
仕事続けていかれるのかな。
・・・いろんな思いが、自分の中でぐるぐるとめぐる。
コレがまた、新しい毒になって溜まって行くのだろうか・・・。


ちょうどそのころから、朝飲んだ薬が切れてきたのもあるのか、
意識朦朧として、ひたすら眠い状態が続いている。
現実逃避のような眠気。
私はちゃんとした大人になれるのだろうか・・・・・・。



明日は、経験者研修で一日、教育センターだ。
とりあえず、現場に戻らなくて済むのが救いだ。


申し訳ない思いを抱えながらも
謝るゆとりさえない、狭くて小さい大人が、
彼女を不幸にしないで済めばいいと、
そう思っているけれど・・・・・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-27 23:08 | ねむいうつ

心がいたい!

今日も、1時間目が始まる前から「腹痛」が・・・。
「家をでるときから痛かったけど、このくらいなら大丈夫と思って来た。
でも朝練のあとですごく痛くなった」とのこと。
3年生にしちゃ、ちょっと考え甘いんだけど、
それでも全然考えなかったわけじゃないので、大目に見て休ませる。
そこにさらに、3年女子の腹痛。

・・・ま、それはいいんだけどね。

続いて、お嬢様登場
2年のS子ちゃんは、今や、誰の手にも負えない存在なんだな。
目の周り真っ黒な顔で、一日中ニコニコしている・・・といえば聞こえがいいけど、
要は、上っ調子なハイテンションで、誰のことも寄せ付けないだけ。
授業中も学校の中を徘徊してまわり、そこここで奇声を上げる。
こちらが真剣に注意をすると、
「いやぁ~ん、先生、怒ってるぅ~~~♪もしかして、短気??」
って感じ。
もちろんそのあとには、完全に大人をバカにした高笑い。

・・・1時間目からS子かよぉ・・・。
と思いつつも、まあ、今日は金曜日だし、今日一日頑張れば週末だし、
と思って、辛抱して彼女の話し相手をつとめること30分。
彼女がふと思いついたようにこう言った。

保健の先生って、ラクじゃなぁぁい?ここに一日すわってればいいんでしょ?
それで、けがした人が来たら、ちょっとバンソコ貼って・・・」

・・・・・・出たよぉ(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)!!!
9時台から、撃ち殺されちゃったもんね。
もうこのまま年休とって帰ろうかしら・・・。

同業者の方は、このひとことが養教を殺す威力を持っていること、
よくよくご存知ですよね。
ほんと、これでたまたま職員との間に何かあって悩んでいるときだったりしたら、
マジで自殺するかもしれないよ・・・。


生徒の人権は、最近ますます擁護されていて、
それはもちろん、いけないことではないけど、
それに比べて教師の人権って、あまりにもかえりみられていないよね。
何をされても、何をいわれても、じっとじっと我慢だもの。

子どもの言うことだったら、大人は傷つかないと思ったら大間違いだ。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-24 20:57 | いい加減にしろ!

打ち上げっ!

本日の耳鼻科検診をもって、本年度の健康診断が終わりました!!
まだ、再検査とか、追加とか、ちょっと残っているけれど。
事後措置は、バリバリ残っているけれど・・・。

6月も下旬に入り、「終わりが見えてきた感」あり。
・・・あ!!文科省統計のこと、すっかり忘れてた・・・。


でも、今日はとりあえず、打ち上げ気分。
明日からまた、ひと頑張りだけど・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-22 23:24 | 健康診断

歯科検診終了!

最後の歯科検診、3年生が終わりました。
うーん、決して決して、お行儀の良い、いい子ではなかったのですが、
3年生は「人間」でした~!

今日の3年生たちを見て、あらためて2年のアニマルぶりを
思い知ったのですが、それでも、この3年生だって
今の2年に負けず劣らずアニマルだったわけです。
・・・だから、「あいつらも来年には人間になるんだよぉ、あと一年の辛抱だよ」と
2年の歯科検診のときに、顔を引きつらせまくっていた担任に言いました。

・・・彼女は、「・・・1年・・・長いです・・・」と言っていたけれど(笑)。

何はともあれ、歯科検診がこれで全学年終了。
今年の健診も、あと、耳鼻科を残すのみになりました。

ふぁいとぉ!!
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-17 23:20 | 健康診断

モンキーパーク状態

歯科検診でした。2年生。
午後、5校時目の開始と同時に始めて、歯科医師2名で1学年・・・
どうしても終了は3時にはなります。
いつもは「平常授業(短縮版じゃない)6校時で」と
日程を教務に伝えるときに申し添えていたのですが、
いつものことだしわかっているだろうという甘えからか
言うのを忘れていたのです。

チェックもせず、誰も気づかず、前日になってしまいました。
ええ、本日5校時授業で組まれていたのです。
暴れん坊の2年生、放課後まで、歯科検診のために待たせておける
クラスなどない・・・・・という中、まあ、どうにかこうにか
学年で順番を組んでくれました。


そんなわけで、「最も待たせておけないクラス」からの
実施だったとはいえ、しょっぱなから、もうすさまじかったよ。
動物園・・・・・・・??サファリパーク・・・?
廊下で付き添っている担任が、顔引きつらせまくっていて
私は担任をなだめるしかなかった・・・ってくらい。

でも、途中あまりのことに、久しぶりに怒鳴った。
「一瞬だけでも、自分だけでも、黙ってみようと思うやつはいないのかよ!!」って。
意外だったのは、その一瞬、廊下が「しん」と静まり返ったこと。
叱ろうが怒鳴ろうが、静まり返ることのない人たちだと思っていたから。
思わず「・・・できるじゃないか」で済ませちゃいました。
大きな声を出して指導するのって、
疲れるしお互い気分悪いし、とっても「徒労」という感じがするので
普段はなるべく避けていたのだけれど、
久々の、あの「一瞬しーーーん」・・・は、
ここだけの話、ちょっと気持ちよかったかも・・・。


さんざん待たされた最後のクラスは、まあ、疲れちゃったのかも知れないけど
比較的おとなしかった。

ま、いずれにせよ、疲れましたわ。
歯科は残りあと一学年です・・・・・・。
ふぁいとぉ!
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-14 23:13 | 健康診断

女の武器!?

昨日も、「気持ちが悪い」と廊下に寝転がって、
保健室で二人そろってがーがー寝て、
ケロッと放課後まで元気で遊んでいた女生徒2名。
今日も朝から担任のところに、「気持ち悪いから帰りたい」と
申し出ていたようで、朝から担任が家庭と連絡を取りいろいろ苦心。

二人そろって帰したくはない・・・と思っていたところ、
片方の親からは「帰さないでほしい」といわれ、
ひとりだけを早退させることに決まりました。

そのあと、帰れなかった一人は、保健室に来て
「気持ち悪いのに担任が帰してくれない」と大荒れ。
事情を知っているので、「お家にも連絡取ったんでしょ?」と
取り合わないでいたら今度は
「本当に気持ち悪いのに帰らせてくれない」と
廊下に転がって大泣き。
早退が決まったほうのもうひとりは、
「あなたは早く帰りなさい」と言っても
「彼女がかわいそうだから・・・」とか何とか言って、
ぐずぐずしていて、ひとりでは帰らない。

結局、大人が折れるしかなくなり、帰れることに決まったら
にこにこ顔で早退していきましたけどね。
あの、都合よくほとばしる涙には感心する。
事務の女性なんて完全に同情していた。
担任は、「いつもですから、泣かせておいて下さい」って言っていたけど。


帰宅後の連絡は、案の定本人からだけで、
片方の子は家に電話したら帰っていなかった。


「具合が悪い」を振りかざされたら、
よそさまのお子様をお預かりしている学校では
それ以上の無理は言えない。
それをカンタンに利用する子どもを
どうしても好きにはなれない・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-09 23:47 | 日々の暮らし

弱り目に祟り目

プライベートで、ちょっとへこむことがあったのもあり、
休み明けの割には朝から不調だったところへ、
1時間目始まる前から、ふざけあいが昂じて病院送り2名。
しかも、受診先への確認で「受け入れ拒否」されるという
初めての経験もあり、キリキリ・イライラ・・・。

やっと二人を病院に送ったと思ったら、
ダレダレの女生徒二人が職員室前の廊下に転がってうだうだ。
わかったわよ、寝かせりゃいいんでしょ!?とキレ気味に鍵を取りに入った職員室で、
教頭にも他の教員にも聞こえそうな声で
「やめたい、やめたい、あー、もうやだ、やめたい」
とつぶやく。

そんなこと、口に出したって、そのことであとで自己嫌悪に陥るだけだってのは
わかっているけどさ、でも、ほーんとに、我慢ギリギリ限界になることあるのよ。
これはガス抜きの呪文みたいなもの。
でも、私がこれを言っても、なだめてもらえるわけでも
心配してもらえるわけでも、同情してもらえるわけでもなく、
ただ、怖がられるのがオチなんだけどね・・・あーあ・・・。


へこみっ調子のところに、朝から続けざまにダメージ受けて、
今日は久しぶりに鬱々。一日、ずーっとベソかいていました。
赤い目と腫れた瞼で、鼻グスグス・・・
スギ花粉なら、もう終わったぞ・・・って感じだったわ。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-08 21:41 | 日々の暮らし

離れていても通じ合える??

野外活動の代休をやっと取ることが出来て、
土曜日から4連休でした。
・・・といっても、ほとんどだらだらと家にいたのですが、
そんな今日の昼間、珍しく携帯が鳴りました。
見ると、それは、同僚の男性教員から、

「・・・もしもし」
「あ、お休み中ごめんなさい、Hです」
「あ、どーも、こんにちは」
「実はねー、明日、一年生が遠足なんだけど、あの、救急箱?を
持って行くのに、ちょっとあちこち荒らしているのでいちおうお断りをと思って」

ひ、え~~~!忘れてたわ、遠足。
休暇前の準備は完璧だと思っていたのに!

「うわ、ご、ごめんなさい~~!もう、好きなだけ荒らして、
何でも好きなもの、欲しいだけ持ってってくださいませ~!!」

いきなり平身低頭なワタクシでした。

「・・・でさー、マキ○ンとか、余分のヤツあるかな?」
「あ、あるある、あのね、保健室の・・・」
「今、保健室にいまーす」
「あ、そう、その保健室の私の机の、みんなが大事なもの入れる
右上の引き出しにね、鍵があるのよ」
「あー、あったあった、赤い札と青い何かがついてる」
「そうそう、そのなかにね、『薬品庫』って書いてある鍵があって・・・」
「あ、あるある」
「それでね、後ろにある銀色の薬品庫が・・・」
「ああ、『エタノール』とか『体温計』とか書いてある・・・・、『なましょく』ってなんだ?」
「『生食(せいしょく)』ですってば、たらこじゃないんだから」
「え?あ、たらこじゃない?」
「反応しなくていいです、とにかくそれの右側にある鍵穴にその鍵を入れて
右に回すと・・・」
「ああ、空いた空いた。うん、あった」
「そう、ソレを持っていってくださいませ」

遠隔操作の宝探しみたいなことをして、とりあえず、目的は達成されたようで、
一安心でした。
ほんと、ごめんね。
遠隔操作できる程度の意思の疎通があってよかったわ。
これも日ごろの連携の賜物かしら・・・?

とりあえず、気をつけて行ってきてね、遠足。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-07 20:18 | 永遠のテーマ『連携』