カテゴリ:労働者のぼやき( 7 )

お勉強会

今年は私も学年に所属している関係で、
夏休みの「お勉強会」にも参加させてもらっている。

お勉強会というのは、1学期のようすから、
授業についていかれていないと思われる生徒を、
教科担当がピックアップして「ご招待状」を送り、
それに対して、本人と保護者から参加の意志のあった生徒を集めて
夏休みの宿題などを中心に、手厚く指導をして行こう・・・というもの。

10人程度の生徒に対して、4名以上の教員がつく状態。
このくらいの、密接な指導が必要な生徒が、たしかにいる・・・ということです。
つきっきりで教えれば、何とか問題を解ける子もあり、
40人一斉授業の限界を感じたりもします。

教育現場に、もっと人を増やしてくれる時代は来ないのかな・・・。
人間を育てることに、予算や手間隙を惜しむのは、
もったいないことなのにな・・・と、
子どもたちの相手をしながら、あらためて実感してしまいました。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-07-24 22:07 | 労働者のぼやき

壁に耳あり障子に・・・

健康診断行ってきました。
今年度から、町内の病院に変わったの。
昨年までは他市の健診センターだったんだけど・・・。

生徒対象の学校健診も、一部請け負ってくれている病院なので
健診課には知人がいるのはわかっていたけれど、
実際に行ってみたら、そんなもんじゃ済まなかったです。

現場で顔を合わせる、他小中学校の職員も、今じゃ知り合いばかり。
病院スタッフは、卒業生やら保護者だらけ・・・・・・。
私のほうで確認したのは6名だけでしたけれど、
この環境じゃ、「1匹見たら30匹」の勢いで、私を知っている人がいそう・・・・・・。


いやじゃぁ!個人情報保護の時代に、プライバシーへの配慮のかけらもないじゃん、こんなの。
「どこで誰に見られているかわからない」という落ち着かない場所で
健康診断なんて受けたくないよぉ。


来年から、業者変えてくれないかなぁ・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-07-19 00:30 | 労働者のぼやき

やっと私の番

明日は健康診断です。
生徒のほうは終わりまして、私自身のほうです。

うちの職場では、毎年5月から8月の間に、
バラバラと健診を受けに行くのですが、
私は毎年、7月のこの時期を希望しています。
それまでは「健診=仕事」のアタマで回っておりますので・・・。

そういえば、結構前に歯医者さんからも
「定期健診のご案内」が届いていたっけ。
いい加減、電話して日程を決めなくっちゃ。

自分のメンテナンスもちゃんとしなきゃね。
紺屋の白袴・・・って、言われないように。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-07-17 20:50 | 労働者のぼやき

認められたい・・・

4月から、3万円くらい給料が減るのだとか・・・。
本日、事務のお姉さまから得た情報。

・・・・・・またかよぉ・・・・・・。

財政難なのはわかるけどね。
何かもっと、もっと違ったうまいやり方っていうのはないのかな?
もちろん、お給料が減れば、実際にそのこと自体も困る。
・・・だけど、「でも、がんばろー」って思える減らされ方と、
そうでないやり方とがある・・・。

最近の教職員には、
「認められた感」「報われた感」「達成感」・・・が、
著しく欠乏しております。
良いところはあってあたりまえと無視され、
悪いところばかりを探されて、たたかれて。


普通、大人になったら、そうそう味わうこともないであろう
屈辱感にも日々耐え、
(肉体的な欠陥を、指差して笑われたり、
人生も人格も、丸否定されるようなことばを投げられたりしても、
笑って耐えるしかない上に、
こちらの発言は、重箱の隅の隅まで監視されて
つるし上げられるからねぇ・・・
生徒に人権はあっても、教師に人権はない今日この頃)
労働上のさまざまな権利を、次々剥奪され、
時間外の無給労働を顧みられることもなく、
諸費用の集金を踏み倒すような家庭から
税金ドロボー呼ばわりされ、

まさに、耐えがたきを耐え忍びがたきを忍んで、
その先に待っているのは、
労いのことばひとつない減給だ。


「よく頑張ったね、頑張ってよかったね」って、
せめて自分で、そう思いたい。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-01-17 21:18 | 労働者のぼやき

無駄出勤

朝、15分の遅刻。
充分間に合う時間に、家を出られる状態になっているのだけれども、
別に、約束があるわけでなし、打ち合わせがあるわけでなし、
誰に迷惑かけるわけでなし、
ついつい、だらだらして遅れる。

ええ、たるんでいます。

だって、8月にたるまないで、いつたるむ!?
こんなときまで、まじめに働いていたら病気になっちゃうよ。
教員とはそういうもの。
『8月は働いちゃいけないよ、ヒトとしてダメになるよ』って、
死んだおばあちゃんの遺言で言われたし・・・(笑)。

・・・というわけで、今日は一日、職員室で、
趣味のクラシックバレエで使うトウシューズのリボンを
ちくちくと縫い続けて終わってやった。
3足に、リボンとゴムをつけた。

健康センター・・・じゃない、振興センターの書類も出しちゃったし、
牛乳会計のお仕事も終わっちゃったし、
布団をクリーニングに出す準備は出来ているし、
客も来なけりゃ、電話も来ない、
病人もけが人も訪れない。

ああ、なのに、自宅で研修してはいけないのはなぜなんだ~~~!!

絶対このことには、慣れてやらないもん。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-08-05 01:09 | 労働者のぼやき

いざ、出陣!

土日をつかって、野外活動の引率に行って来ます。
土曜の朝7時に学校集合して、自由になれるのは日曜の夜6時近くでしょう。
その間、緊張しっぱなし。眠れるかどうかもわかりません。

・・・なのに、書類上この勤務は12+8時間の扱いって
やっぱり変じゃないか?
12+8が35って、どういう計算だよ。
夜は勤務時間じゃないのか?!だったら眠らせろ!酒くらい飲ませろ~!!

・・・ま、とにかく行って来ます。
35時間一本勝負。
無事に何事もなく帰ってこられますように・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-05-27 23:29 | 労働者のぼやき

合理性を求む・・・

本日は、地区の研究会の総会。
地区内の中学校の教員が、いっせいに集合。
・・・はっきり言って、午後の授業をカットしてまでやる意味あるのかな?

もう、こういう形骸化された研究組織こそ
「やーめた!」にして欲しい。
授業時数確保その他もろもろで、以前は月1で開けた
各研究部会(教科ごと。養護は養護)も、年数回が限度になっている。
そんな中で、それほどの研究ができるはずもなく
しかし、年度ごとにその成果を迫られる。
結果、毎年部長さんばかりが苦労して、何とか帳尻を合わせている状態。
時間の無駄、労力の無駄。

授業時数確保が大事なら、こういう意味のないことから見直しましょう。

それに、いつも疑問なんだけど、この研究会、
決められた(はっきり言って形だけの)「休憩時間」も無視しているくせに
しっかり5時までやるのはなんでなんだ!?
もうコレは、形の上でさえ立派に労働基準法違反なんだよ。
公務員が労基法無視でいいってことは、
国民は過労死しても全然おっけーって言っているのと
同じようなもんなんだからね。
公務員から形式まで取り上げたら、何が残るの?
その辺の体裁だけでも、ちゃんと筋を通してもらいたいんだけどなぁ・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-04-26 21:13 | 労働者のぼやき