カテゴリ:ウイルス嫌い!!( 6 )

ノロ騒動

2ヶ月ばかりもご無沙汰していたのですねぇ。
いやぁ、なんだかあんまり「お仕事モード」じゃなくて、
とくに何も感じないで毎日過ごしていたもので…。

…で、気がつけばとっくにウイルスの季節。
「ノロが今年は4倍らしい」というニュースが聞こえ始めたころから、
げっ、やだなぁ…とは思っていましたけれど、
まさかこんな大騒ぎになるとはね。


まあ、ノロ騒動と、感染性胃腸炎ということばの普及のおかげで、
かねがね私が『気持ち悪い』と思っていた
『今年の風邪はお腹に来る』というコトバを聞かなくて済むようになったのは
大変うれしいコトです。

あと、もうひとつ嬉しいのは、
この騒動に、親が神経質になって、早めに学校を休ませてくれるので、
学校でゲロゲロちゃんになったりせずに済んでいることかな。
今までは『熱がないんだから』という判断で無理矢理登校させられる子も
けっこういたから。


だけどね、騒ぎすぎなんじゃないかなぁ…って思っているのは、私だけ?

それこそ「お腹の風邪にやられちゃってさぁ…」とか、
「いやぁ、牡蠣にあたって、参ったよ」なーんていって
過去にやり過ごしてきた中にも、ノロはいたと思うんだけど。
極端に体力や免疫力の弱い人はともかく、
中高生や働き盛りの成人にとっては、
三日吐き下すだけで、命に別状なく治るわけだし…。

そりゃ、私はかかりたくありませんけど。
ノロだろうがロタだろうが、ほかの微生物だろうが
胃腸炎で苦しむのはイヤ。
だけど、外部との接触を一切絶って暮らすわけに行かない以上、
どうにもならないこともあると思うの。

小学校や保育園なんかじゃ、
今までだって毎年この時期には
「あっちでゲロ」「こっちで下痢」みたいな地獄絵図と
格闘してきたはずなのよ。
そこに縁のない人たちが、知らなかっただけで…。


ノロ!ノロ!と放射能のように怖がって騒ぐ人に限って、
風邪引かないための努力もしないで、
盛大に咳き込みながら出勤してきたりするのも解せない。


もちろん、感染症の蔓延予防に、
より多くの人が真剣になってくれるのは、とってもいいことなのよ。
私がいちばん気になっているのは、マスコミの騒ぎ方が
O-157もノロウイルスも鳥インも同じってところ。
怖さが全然違うだろうが…。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-12-19 20:22 | ウイルス嫌い!!

やべぇだろ・・・

帰ろうかな・・・と思っているところに、
校長に呼び止められて
「なんだよぉ、帰るんだよぉ」と思っていたら
「情報提供だけどさ、○○中で学級閉鎖だって」とのこと。

へ・・・???今頃なんで?
「何でですか!?」
「インフルエンザだよ」

マジかよぉ・・・・!!!

あのね、養教は原則、一校に一人なのよ。
・・・「健康診断」か「インフルエンザ」、どっちかひとつしか対応できないだろうが!
なんで4月の今になってインフルエンザなんだよぉぉぉぉ!!!
・・・といっているうちの学校でも、
実は今週『何故か突然39度』が、二人も出ているんだよね。

おねがい!カンベンしてちょうだい!
[PR]
by noraneko_89 | 2006-04-22 00:12 | ウイルス嫌い!!

とりあえず、無事・・・

1年生のクラスは、今日は欠席4名(インフルエンザ2名継続)。
そして、登校してきている子たちはみな、ほぼ元気・・・ということで、
朝のうちに両校医に報告して終わりました。

ま、まだまだ、怪しいクラスはあるので、気は抜けませんが・・・。

「次のクラスの時にはA先生に相談すればいいよね」と、
校長もにっこり笑っていました。

彼も、心配していたようです(笑)。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-02-06 22:32 | ウイルス嫌い!!

来たよ!いきなりだ!!

いったんは0になったインフルエンザ患者。
1年のあるクラスに、再び出現したなぁ・・・と思っていたところ・・・・・・。

木曜日、私が一日出張で不在。
金曜日の午前中、私が体調不良で不在。
・・・の間に、爆発しておりました。

1年生のそのクラスだけが、欠席10名、インフルエンザ3名(確定)。
早退1名、有熱者2名、カゼの自覚症状を持つもの18名。

昼に出勤して、私がくたばっている間に他の職員でとってくれた
データをチェックして(本当にみなさんありがとう。肝心のときに
あてにならない養教でごめんなさい・・・)、
学校医と連絡を取り、午後のみ休業の措置へ・・・。


そのことのみは、優秀な職員たちのおかげで、
養教が腑抜けでありながらも滞りなく済みました、が、問題がひとつ。


以前にも書いたのですが、我が校の学校内科医は2名
しかも一名(A)は気難しくて、対応に細心の注意が必要です。
以前、私が赴任する前にも、その校医さんに連絡なく授業カットにしてしまい、
大変なことになったらしいのです。
それ以後、何が合ってもA校医への連絡なしに閉鎖はありえない
・・・ということになっていました。

ところが・・・。

真っ先にA校医に連絡したところ、なんとその日は『臨時休診』。
しかたがないので、校長に相談の上B校医に連絡。
昼休みであるにもかかわらず、さいわいB校医との連絡がつながり、
「今日のところは午後カットして、でも、土日が挟まるから月曜日は
いちおう普通どおりでいいのでは?そして月曜の登校状態を見て、
あらためて手を打ちましょう」
との助言により、上のような措置となりました。

ここまでのことは、まあいいです。A先生には連絡つかなかったし、
うちにはB先生もいるのだからそちらに相談するのは当然。
あとはA先生にFAXでこのことを報告しておけばいいだろうと思いました。

問題は、その先です。
月曜日、うまいこと、みんなが登校してきてくれたなら、
両校医にTel.or Fax.で、経過報告すれば済みます。
だけど、月曜日にやはり、大量の欠席者が出た場合・・・
・・・いったいどちらのDr.に先に連絡すべきなのでしょうか?

筋からいえば、金曜日に助言くださったB先生に
その後の経過報告をして、新たな措置について助言いただくのが自然ですが、
その後A先生に連絡し、彼がB先生とは違う措置を助言されたりしたら、どうする・・・!?
「すでにB先生との間でこのような結論になっていて・・・」なんて言ったらまた大変!
だけど、だからといってA先生に従ってB先生との結論を覆すのも、どうなのよ!?


・・・そんなこんなで、もう、お願いだから月曜日にはみんな学校に来てちょうだい、と、
祈るばかりの私です。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-02-04 15:23 | ウイルス嫌い!!

とりあえず小康状態ではある

私自身も、その後も発熱することもなく、胃腸炎になることもなく、
無事に過ごすことが出来ております。
そして、子どもたちも何だか(カゼ関係では)落ち着いてしまっていて・・・。

これで、山は越えたと思うのは、やっぱり甘いよね。まだ気は抜けないよね。
だけど、今日も来室者は9割が『くつろぎ目的&授業離脱』、
そして残り1割は『打撲』・・・と、きわめて元気。・・・嬉しい、素直に嬉しいけどね。

欠席者も、それほど多くない。
ひとクラス2,3人ずつは休んでいるのだけれど
不定愁訴系の子、休みがちの子が多いので、
実際にカゼやインフルエンザでお休みしている子は、一握りだと思います。

登校しつつ、くしゃみ・鼻水・・・みたいな子も、見かけません。
・・・すばらしいよ、みんな(ある意味、ね。落ち着いて授業を受けられない子は多いけど)。
でも、私は、体調不良者が少ないのがいちばん嬉しい。

しかし、来週末くらいには、花粉前線がやってくるらしい・・・。
寒い割に早くないか?
このまま行くと、カゼと花粉症の判別が難しくなりそう・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-01-31 22:17 | ウイルス嫌い!!

マズい気配

お正月に覚悟したとおり、
3学期の始まりと同時に、インフルエンザとの闘いが始まりました。
今シーズンは、ホントに早いです。
まあ、去年みたいに遅くて、「健診シーズンにかかっちゃうよ・・・」と
心配するよりはいいのですが・・・。

冬休み中にスタートされちゃったので、
部活つながりで感染が広がり、
結果、「各クラスに感染者が散らばった」状態での戦闘開始。

そして、まったく覚悟していなかったのですが、
すでに、2年生のあるクラスがブレイク寸前です。
・・・まずいよぉ・・・、うちの地区、まだ学級閉鎖出ていないんだよぉ。

関係者の方はご存知の通り、ひとつの保健福祉事務所の管轄地区内で
最初の学級閉鎖を出すと、保健所の人は来ちゃうし、
生徒から検体はとらなきゃならないしの大騒ぎ。
みんな、「最初の一校にはなりたくない」と怖れているのです。
私は中学校だし、めったにトップになることなどないと思っていたのですが、
明日の朝のようす次第ではかなり危険。
すでに、担任もインフルエンザで倒れているし・・・。


ああ、神様!
あとはもう、祈るだけです。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-01-16 21:59 | ウイルス嫌い!!