離れていても通じ合える??

野外活動の代休をやっと取ることが出来て、
土曜日から4連休でした。
・・・といっても、ほとんどだらだらと家にいたのですが、
そんな今日の昼間、珍しく携帯が鳴りました。
見ると、それは、同僚の男性教員から、

「・・・もしもし」
「あ、お休み中ごめんなさい、Hです」
「あ、どーも、こんにちは」
「実はねー、明日、一年生が遠足なんだけど、あの、救急箱?を
持って行くのに、ちょっとあちこち荒らしているのでいちおうお断りをと思って」

ひ、え~~~!忘れてたわ、遠足。
休暇前の準備は完璧だと思っていたのに!

「うわ、ご、ごめんなさい~~!もう、好きなだけ荒らして、
何でも好きなもの、欲しいだけ持ってってくださいませ~!!」

いきなり平身低頭なワタクシでした。

「・・・でさー、マキ○ンとか、余分のヤツあるかな?」
「あ、あるある、あのね、保健室の・・・」
「今、保健室にいまーす」
「あ、そう、その保健室の私の机の、みんなが大事なもの入れる
右上の引き出しにね、鍵があるのよ」
「あー、あったあった、赤い札と青い何かがついてる」
「そうそう、そのなかにね、『薬品庫』って書いてある鍵があって・・・」
「あ、あるある」
「それでね、後ろにある銀色の薬品庫が・・・」
「ああ、『エタノール』とか『体温計』とか書いてある・・・・、『なましょく』ってなんだ?」
「『生食(せいしょく)』ですってば、たらこじゃないんだから」
「え?あ、たらこじゃない?」
「反応しなくていいです、とにかくそれの右側にある鍵穴にその鍵を入れて
右に回すと・・・」
「ああ、空いた空いた。うん、あった」
「そう、ソレを持っていってくださいませ」

遠隔操作の宝探しみたいなことをして、とりあえず、目的は達成されたようで、
一安心でした。
ほんと、ごめんね。
遠隔操作できる程度の意思の疎通があってよかったわ。
これも日ごろの連携の賜物かしら・・・?

とりあえず、気をつけて行ってきてね、遠足。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-06-07 20:18 | 永遠のテーマ『連携』


<< 弱り目に祟り目 お疲れテンション >>