ま、普通の一日

ギリギリで出勤。
打ち合わせ。

1時間目が始まるのを待ってから、保健室に「ご出勤」。

最初にあらわれたのは2年生男子。
昨日のけがだというのだけれど、手を使った衝撃で
乾いていた傷口から血がにじんできた・・・ということなので許す。
手のひらははがれやすいから、絆創膏を余分にあげる。

1時間目が終わって、原因不明で足が痛いという
元気Boyが来室。
絶対心配ないってわかるけど、ぺたぺた触って
「湿布貼る?」と聞くと「貼る」と嬉しそう。
ま、サービスだわさ。

そして、昨日から通っているエロ男子三名を
また今日も適当にかわして、
お嬢様のお世話。
「お腹痛い」っつっても、「気持ち悪い」っつっても
そのおしゃべりのエネルギーが続く限り
授業はサボらせないよん。
「その目の周りの黒いのと白いの、私が拭いてあげる」

何とか授業に戻したはずのお嬢様たちが、
トイレの掃除用具入れの中に隠れていたことを
事務の女性から知らされてまた走る。
羽交い絞めみたいに抱きしめながら、
くどくどくどくどと、お説教。

うだうだした男子生徒と会話しながら
ワイシャツのボタンを全部留めて、すそをズボンに押し込んで
(すぐに出すんだけどさ)。

そんな一日。

放課後になって、一年生が数名現れる。
すでに放課後なのに具合が悪いと言ってくる子の
熱を測ったら38度1分。
お家に電話して、お父さんに迎えに来てもらって引き渡す。


・・・さあ帰ろうかなと職員室でかばんを持ち上げたとき、
「落ちたよ」と窓の外を見ていた(ように見えた)教頭が言って、
「えええっ!」と大声を上げる。
私の椅子の背に掛けてあったカーディガンが落ちたのを
教えてくれただけでした。
「グランドで誰か生徒が落ちたのかと思った・・・」
実はいつだってドキドキしているんです・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-05-19 00:05 | 日々の暮らし


<< そしてこんな日もある 失礼なんだよね! >>