素敵に育て!

6時間目も始まって、「もうこれが終われば子どもたち帰るだけだし」と、
気を許してちょっとコンビニに用事を足しに外出。
20分ほどして戻ったら、玄関の前にK先生。
車を降りて「ただいま~」と歩いていくと
「今、A子が授業中に吐いちゃって、お迎え待っているんです」とのこと。

「ひぇ~、肝心なときに留守してごめん!!それにしても、
ちょっと席をはずしたときに、ピンポイントで事件は起きるね」と、
保健室に駆け込むと、彼女は他の女性教員に付き添われて
着替えて保健室でお迎えを待っているところでした。

役に立たなくて申し訳ない~!と思いつつ、
ある意味、ゲ○現場に立ち会わずに済んだことに安堵していたのも、実は本心。



無事に保護者に引渡し、放課後の職員室。
「大変だったね」とその時の授業者と連絡を取り合っているとき、
「いやぁ、周りが冷静だったんで助かったよ」と彼。
誰も騒いだりしないで、大人の対応をしてくれたんだね。
格好のいじめの材料にもなってしまう可能性を持つ、この手の出来事、
本人のからだももちろんながら、精神的打撃も気になるのが中学校です。
だけど案外、こういうときに、
子どもたちの「思いやりある態度」に触れることが多くて、感心します。

今日はさらに、驚くことがひとつ。
現場に駆けつけたらしいK先生が
「Mのヤツ、頑張ってましたよね、こーやって」
…と、両手を前に差し出すポーズをしていました。

どうやら、クラスメイトのひとりが、
彼女の「ゲ○」を両手で受け止めてくれていたらしいのよ。

…なかなか、出来ないよね。
そう、こんな子だっている。
表に出るのは、困ったとんでもない中学生ばっかりだけど、
決してそれが全部じゃない。


なんだかちょっと、嬉しい気分になる話でした。


あとで、こっそり、彼女のことを調べてみると、
弟妹が3人いる、祖父母との8人家族。
家の中に、いろんな年代の人がいて、
タテ・ヨコ・ナナメのいろんな関係がある、
そういうのって、やっぱり大事なのかもしれないなぁ…なんて、
思ってしまいました。


…さて、これで月曜日に腹痛・嘔吐が続出したらノロだな^^;
[PR]
by noraneko_89 | 2007-02-16 22:42 | 日々の暮らし


<< ちょっと自己満足? タッチ! >>