初営業日

Aさんは、昨日彼女のほうから相談を持ちかけてきてくれて、
一通りの状況はわかった。
今、療養休暇&休職に向けての話を進めている。
本当だったら、明日からでも休みたいくらいの状況らしく、
客観的に見ても、そのほうがいいだろうというのはわかるのだが、
現場の現状は、あとひと月あまり(つまり学期末まで)待って欲しいようで、
その件については、私には何の手助けも出来ないのだけれど・・・。

それでも、彼女は私に心は開いてくれたらしく、
今日も、空き時間に居辛い職員室から逃げて、保健室に話をしに来ていた。
当初の予定とは違ったけれど、カフェの初来客。

「あれも、これも、それも、みーんな『症状』で、
自分がダメなわけじゃないし、治れば元に戻るよ」とか、
「休んだあとのことは心配しなくて大丈夫。そのときは今の自分じゃなくなっているから」とか、
「健康な人はダラダラ寝てたら退屈になるんだから、
退屈じゃない間は、休んでいていいのよ」とか、
私にいえるのは経験者としてのそんなことだけなんだけど、
それでちょっとは役に立っているのかしら・・・??


そして、放課後には、
当初の予定・・・だった彼女が、突然やってきた。
実は今日は、生理前のうえにタチの悪い低気圧が来ていたみたいで、
私自身、朝からドロドロで、何人かの人からは
「大丈夫?」と声をかけられていた側だったのだけれど、
彼女も「体調大丈夫ですか?」って言って入ってきた。
「うーん、正直、今日はきつい。昼間よりだいぶよくなったけど・・・」
といいつつ、
「Bちゃんも大変なんじゃないの?いろいろ・・・」
と話を向けたら、
「・・・愚痴言ってもいいですか・・・?」って。

ひとしきり話すことを聞いて、泣かせてあげるしか出来なかったけど、
ちょうど、この4月の異動で、
親しく、話を聞いてもらっていた、年齢の近い女性がみんないなくなってしまって、
「たわいない話も出来ないのが余計キツイ」
ってことだったから、話せただけでもいいのかな。


そんな、保健室カフェの、本格的な初営業日でしたが、
実はせっかく開店時に用意したお茶やらココアやらは、
私がほとんど飲んじゃったあとで、
お冷も出せないカフェとなりました^^;
・・・現実はこんなものか(笑)。

いろいろ、思うところはあるけれど、
それを抱え込んじゃ、こっちの身が持たないから、ひとまず荷下ろし。
出来た分だけ、やれればよかった・・・ってことにしないとね。
自分も病人だってことも憶えておかないと。

あせらないで、ゆっくり、ゆっくり・・・。
のんびりが、きっといちばん近道だから・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-06-13 22:02 | 永遠のテーマ『連携』


<< 内科検診終了・・・ 私に出来ること・・・? >>