合理性を求む・・・

本日は、地区の研究会の総会。
地区内の中学校の教員が、いっせいに集合。
・・・はっきり言って、午後の授業をカットしてまでやる意味あるのかな?

もう、こういう形骸化された研究組織こそ
「やーめた!」にして欲しい。
授業時数確保その他もろもろで、以前は月1で開けた
各研究部会(教科ごと。養護は養護)も、年数回が限度になっている。
そんな中で、それほどの研究ができるはずもなく
しかし、年度ごとにその成果を迫られる。
結果、毎年部長さんばかりが苦労して、何とか帳尻を合わせている状態。
時間の無駄、労力の無駄。

授業時数確保が大事なら、こういう意味のないことから見直しましょう。

それに、いつも疑問なんだけど、この研究会、
決められた(はっきり言って形だけの)「休憩時間」も無視しているくせに
しっかり5時までやるのはなんでなんだ!?
もうコレは、形の上でさえ立派に労働基準法違反なんだよ。
公務員が労基法無視でいいってことは、
国民は過労死しても全然おっけーって言っているのと
同じようなもんなんだからね。
公務員から形式まで取り上げたら、何が残るの?
その辺の体裁だけでも、ちゃんと筋を通してもらいたいんだけどなぁ・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-04-26 21:13 | 労働者のぼやき


<< 卒業生から・・・ やっぱり、コレが最高だ >>