来たよ!いきなりだ!!

いったんは0になったインフルエンザ患者。
1年のあるクラスに、再び出現したなぁ・・・と思っていたところ・・・・・・。

木曜日、私が一日出張で不在。
金曜日の午前中、私が体調不良で不在。
・・・の間に、爆発しておりました。

1年生のそのクラスだけが、欠席10名、インフルエンザ3名(確定)。
早退1名、有熱者2名、カゼの自覚症状を持つもの18名。

昼に出勤して、私がくたばっている間に他の職員でとってくれた
データをチェックして(本当にみなさんありがとう。肝心のときに
あてにならない養教でごめんなさい・・・)、
学校医と連絡を取り、午後のみ休業の措置へ・・・。


そのことのみは、優秀な職員たちのおかげで、
養教が腑抜けでありながらも滞りなく済みました、が、問題がひとつ。


以前にも書いたのですが、我が校の学校内科医は2名
しかも一名(A)は気難しくて、対応に細心の注意が必要です。
以前、私が赴任する前にも、その校医さんに連絡なく授業カットにしてしまい、
大変なことになったらしいのです。
それ以後、何が合ってもA校医への連絡なしに閉鎖はありえない
・・・ということになっていました。

ところが・・・。

真っ先にA校医に連絡したところ、なんとその日は『臨時休診』。
しかたがないので、校長に相談の上B校医に連絡。
昼休みであるにもかかわらず、さいわいB校医との連絡がつながり、
「今日のところは午後カットして、でも、土日が挟まるから月曜日は
いちおう普通どおりでいいのでは?そして月曜の登校状態を見て、
あらためて手を打ちましょう」
との助言により、上のような措置となりました。

ここまでのことは、まあいいです。A先生には連絡つかなかったし、
うちにはB先生もいるのだからそちらに相談するのは当然。
あとはA先生にFAXでこのことを報告しておけばいいだろうと思いました。

問題は、その先です。
月曜日、うまいこと、みんなが登校してきてくれたなら、
両校医にTel.or Fax.で、経過報告すれば済みます。
だけど、月曜日にやはり、大量の欠席者が出た場合・・・
・・・いったいどちらのDr.に先に連絡すべきなのでしょうか?

筋からいえば、金曜日に助言くださったB先生に
その後の経過報告をして、新たな措置について助言いただくのが自然ですが、
その後A先生に連絡し、彼がB先生とは違う措置を助言されたりしたら、どうする・・・!?
「すでにB先生との間でこのような結論になっていて・・・」なんて言ったらまた大変!
だけど、だからといってA先生に従ってB先生との結論を覆すのも、どうなのよ!?


・・・そんなこんなで、もう、お願いだから月曜日にはみんな学校に来てちょうだい、と、
祈るばかりの私です。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-02-04 15:23 | ウイルス嫌い!!


<< とりあえず、無事・・・ とりあえず小康状態ではある >>