保健室って・・・

今日もエキサイティングな、うちの保健室。
「何かヤッてるか!?」と思うほどのハイテンションで歌いっぱなしのヤツやら、
異様に顔が黒塗りのヤツやら、
いろんなところに金具刺しているヤツやら、
「なぜ、寝巻きのまま来る・・・?」のヤツやら・・・。

ホントに、「何科の生物かわからない」んですけど、アナタタチ・・・^^;

でも、風邪&インフルエンザのこの時期に
体調不良のコがほとんど来ないのは、進歩だな・・・と思う。
朝起きたときから、昨日の夜から、一週間前から
「具合が悪い」子であふれかえっていた保健室のほうが
私は異常だと思うから。

休むべき子は、ちゃんと休めるようになったんだよね。
家で見てもらう部分は、見てもらえるようになったんだよね。
学校の保健室は「タダでかかれる医者」じゃないことを
ようやく、地域ごとで、理解してくれるようになったんだよね・・・。


「本当に具合の悪い病人」が保健室に来るべきだって
そう思っている人は多いけれど(もちろん善意で)、
でも、「本当に具合の悪い病人」に
保健室でしてあげられることはほとんどない。
保健室は学校なんだもの。医療機関じゃないんだもの。
救急処置と治療は違うんだもの。
保健室は、病気を治すところじゃない、より健康に生きられる人を
育てていくところなんだもの・・・。


もちろん、「何科の生き物かわからない」人たちが
正当など真ん中の、保健室の利用者かどうかは疑問。
だけど、彼らにはまだまだ、してあげられることがある。
来る日も、来る日も、
「朝から熱があった」子や「朝吐いた」子に
始業前から押し寄せられて、
家庭連絡とって早退させることに追いまくられた日々は
本当に辛かった。

それって、救命救急に死体を次々に運び込まれるのと
同じだと思った。
「もう、ここで出来ることはないんですよ」と
しかるべきところにただ回し続けるだけの日々は、
本当にむなしくて消耗した・・・。


あの毎日に比べたら、
動物園みたいな今日の保健室のほうが
たいへんだけど100倍やりがいがある。やる気がわいてくる。


だって、私は医者でも看護師でもなく、
ひとりの教師なんだもの・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2006-01-20 23:16 | 日々の暮らし


<< ん・・・?ヤバいか? 認められたい・・・ >>