noraneko 倒れる!?

「今週こそは絶対に休みたくない!」という強い思いが通じたのか、
今朝はかなり不調だったのだけれど、何とか出勤するだけの気力を持てた。

自分の両頬を、ひっきりなしにひっぱたきながら、
何とか30分の運転をクリア。
でも職員室に到着するや、今にも「あっちの世界」に行ってしまいそうな
半開きの目・・・。

自分の半分を・・・というより、三分の二を
別の世界に置き忘れたような状態で勤務。
来室者の名前を書こうにも、すわってうつむいたりしたら、
一人の名前を満足に書ききらないうちにどっかにいっちゃう感じ。
だから、記録用紙には、しっかりした字で始まりながら、
よろよろに終わっている何人もの氏名が書き連ねられていた。
それでも、ページいっぱい埋まっていた。
ちなみに1ページは34人。
私は、3,4人くらいしか、はっきり憶えていないんだけど・・・(^_^;)。

そんな日に限って、保健室が空になる時間は一時もなし。
すわると寝ちゃいそうで、意味もなく保健室の中を
熊のように歩き回りながら話をするんだけど、
それでも、生徒との会話の合間合間に夢が入ってきちゃって、
話の内容は混乱するし、一瞬でも気を抜いたら
変なことを口走ってしまいそうだし・・・。


しかも、いつもなら朝不調でも、昼ごろまでには帰ってこられるのに、
今日は終業時刻近くになっても全然ダメ。
だから、途中で帰ろうにも、「このままじゃ運転できないから帰れない」状態。

文字通り歯を食いしばってすごす一日が、あと少しで終わりそうな4時半ごろだった。
職員室で、あまりに眠いので、椅子から立ち上がった。
・・・だけど、やっぱり寝ちゃったんだろうね。
立ったまま「ふらぁ・・・っ」となったらしい私を見た、隣の席のKちゃんが
「noraちゃん、倒れる!」と叫んで駆け寄ってきて私の肩をつかんだ。

それでも、びっくりして目覚めたりはしてくれないんだけど、
かろうじて、その声で、ほんの少しだけこっちに帰って来られたので
倒れることはしないで済みました。

ものすごく、びっくりされちゃったみたいだった。
「大丈夫、眠っちゃっただけだから」って思ったけど、
そう言っても、わからないだろうしねぇ・・・。

「大丈夫?下(保健室)で休む?」といわれたけれど、
「大丈夫、大丈夫、ここでちょっと休むから」
そう言って、職員室の机に突っ伏して、
そのまま40分くらい、気を失ったように眠ることができたみたいだった。
もう一度「大丈夫?」と先輩の女性教員に声をかけられたときには、
もう、かなり、はっきりした状態に戻っていた。


しばらく席に座って、
「運転できそうだな」と思ったので、
5時半過ぎに職場を出た。
今は、眠気のかけらもない。夜になると、これなんだよね。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-11-04 22:58 | ねむいうつ


<< 好調かもしれない Hくん頑張れ >>