のんびり、ひとつずつ

よく働いたぜ・・・と思える一日。
朝から来室者殺到だもの。
休み時間ごとに、7~8人が「具合悪い」とぐてっとしていて、
保健室の椅子もソファも満員御礼。

「なんでそんなにみんな揃って具合悪いのよ!」
と切れそうになっていたときもあったけれど、
今日の私は、いい状態でしたね。
どんなにいっぱいいても、「ひとりずつ」。
とにかく「ひとりずつ」淡々と「ひとりずつ」。

丁寧に問診して、突っ込むトコは突っ込んで
(「なんで寝たのが2時なのぉ!気持ち悪くて当然だよぉ」などなど)、
とっとと帰したい子どもも、とりあえずなだめ置いて、
担任と話し合ってから処遇を決める・・・と。


たとえ、休み時間に現れた生徒を全部捌くのに、
次の休み時間までかかっちゃったとしても、
それは私のせいじゃないもんね、大勢いるからなんだもん。
「ちょっとまって」「待って待って待って、順番」
と言っているうちに、
痺れを切らした生徒が、出て行っちゃっても、
それは私が無能だからじゃないもん。


そう、腹をくくっていれば、何とか捌けるものです半日で40人を越える
不調の人々さえも・・・。


ムダにいらいらするのはよそう。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-11-01 00:41 | 日々の暮らし


<< Hくん頑張れ 私は何でも知っている(笑) >>