魔女と日向ぼっこ

最近学校にもほとんど来ないお嬢様たち、3年生のMちゃんと2年生のSちゃんが、
久しぶりに保健室にやってきた。

もう、他の普通の生徒たちとは、明らかに指導の体制が違っている二人。
「ともかくも預かる」というだけの姿勢で、穏やかにあったかに、おしゃべりをした。
不思議と、愛情みたいなものがわいてくる。
「普段、昼間、何してるの?」
「お家には帰っているの?」
「お母さんと会った?」
などなど・・・。

顔もすっかり変わって、「元Mちゃん」「元Sちゃん」と呼びたくなるような二人。
職員室でのあだ名は「魔女」だ(笑)。
なんか、もう、いろんなことはどうでもいいから、
強く生きて・・・と、妙に純粋に、それだけを願いたい気持ちになったりする。
[PR]
by noraneko_89 | 2005-10-15 00:02 | 日々の暮らし


<< 半分と半分 今あえて「女子教育」? >>