これも鬼の霍乱?

昨日は体育祭の予行でした。
ところが、一昨日の夜に足を挫いた私。
バレエのレッスン中に、右足首が「めりっ」と音を立てまして・・・。

その場ではとりあえずすぐに水の入ったペットボトルで冷やし
(冷たいものが他になかったので・・・)、
常に持ち歩いているエラスコットで固定して帰宅。
おかげで大きな腫れは出なかったのですが、
でかい内出血が「ぼこっ」と・・・。
そして時間の経過とともに、内出血は足背に近いほうから
くるぶしの下のほうへと、移動しております・・・。

受傷直後は、痛みもぼやっと全体的でしたが、
20分くらいすると、「あ、ここ」というのがはっきり触診でわかるようになり、
「前距腓靭帯、と、見た」と思いました。
でも、その後内出血が出てきたのは
もう少し、足背に近いほう。・・・で、そのころになると
「ここ」と思っていた場所は痛くなくなっていて、その内出血が痛むのでした。
内出血のふくらみが、くるぶしの下に移動すると
今度はそこが痛くなり、そして、今度は、その前に出血があった部分も痛い。

・・・ホントの受傷部位はどこなんだ・・・?


病院にいっても、レントゲンを撮って
「骨には異常ないですね、捻挫でしょう」と湿布をくれるだけと予想されたので、
受診はしないつもりだったのだけれども、
自分の見立てがどの程度正確かを知りたくなったので、
今日受診してみることにしました。
(あまりにも痛くてつらいから・・・というのもあるんだけどね)


ところで、そんな状態で体育祭の予行をしたので、
あらためて疑問に感じたのですが・・・。

運動会や体育祭のときって、本部テントの中に救護席をつくります。
なんとなく、ずっとそうするものと思っていたのと、
私もみんなと一緒にグラウンドにいたいと思ったのとで、
そうしているのですが、実際にはやはり、非効率的ですよね。
熱中症っぽい子や、貧血を起こした子などは、
保健室に連れて行って寝かせなければいけないし、
大きなけがのときも、救護テントだけでは無理。
結局テントと保健室の間を走り回ることになるのですが、
そもそもたいしたことも出来ない、あのテントの場所に私がいることって
他の先生や生徒にとって何かメリットあるんでしょうかねぇ・・・?
普段どおり、保健室で待機していたほうが便利なのでは?

・・・でも、それってなんか寂しいのだけれど。
保健室が完全にグラウンドに面していて、保健室前にテントを張れるのが
理想なんだけど、
校舎とグラウンドが離れている学校や、保健室が2階にある学校もあるし・・・。

とりあえず、今年は私の足がこんなで、走り回れないので、
救護席にはカンタンな処置材料だけを置いて、他の先生に対応してもらい、
私は保健室に待機することにしよう・・・と
校長と話し合って決めました。

みんなはどうしているんだろう・・・?
[PR]
by noraneko_89 | 2005-09-14 10:36 | 日々の暮らし


<< 体育祭終了 意識レベル300の歩行 >>