春が来る

朝から職員室で呼ばれて、
振り返ったら、ゆい(仮名)が泣いてた。

彼女が何で今泣いているのかはわからないけれど、
彼女が泣く理由なら、思い当たりすぎた。
明るくて元気で素直な彼女が、
大きくて重たいものを抱えているのは感じながら、
それでも、彼女のいちばんつらかったことに、
気づいてあげられなかった自分を知ったのは、つい最近のことで・・・。

「おいで」って連れて行って、保健室の中、
ゆいが、胸の中の思いを、もしも吐き出したいなら受けるつもりでいたけれど、
たぶんまだそんな時期にも至っていない。
喋らせることがいいことなのか悪いことなのかもわからない。

だから少し待って、喋る分だけを聞いて、
そのあとしばらくの間、黙ったままの時間が過ぎたあとで、
ふと思い出して、色画用紙とはさみと、
小学校の先生から分けてもらってあった型紙を、持ってきた。


無理に事情を聞きだしたところで、
今すぐ私が彼女を救える術があるわけでもなく、
せめて出来ることがあったとしたなら、
穏やかで優しい時間の記憶を、30分ぶん、一時間ぶん、
増やすことくらいで・・・・・・・・・。



緑の色画用紙で、黙って草の形を切り抜いたあとで、
「ゆいちゃん、蝶々、切ってくんない?」って言った。
「明日から三月だから、廊下に飾るんだ」って、はさみと型紙を渡して…。




彼女の座る窓辺の、ひだまりのあったかい場所で、
二人で黙々と、花や葉っぱや蝶々を、切り抜いていた。


「先生、蝶々、いくつ作る?」
「ねぇ、先生、違う色の桜も切っていい?」
「先生、雲も作ろうよ」


そんなゆいのことばに答えながら、
はさみを動かしながら、
陽射しの明るさとあったかさを感じながら、
癒されていたのは、たぶん私のほうだ。

ゆいのしあわせな記憶を、ひとつでも増やしたくて、
私の、しあわせな記憶が、ひとつ増えていった。
ゆいがこのことを憶えているかはわからないけど、
私はきっと、この今の空気を忘れないな・・・って思った。


ぎゅ…っと胸をつかまれるようなせつなさを感じながら。


明るい、あったかい場所で、
なんだか泣きそうになりながら………。



幼稚園の子どもがこさえるような、
草と花と、葉っぱと蝶々と、雲を並べた稚拙な貼り絵を作って、
ゆいと二人で、達成感を味わった。



迎えに来てくれたママは、初対面だけど思っていたよりしなやかな人たった。
担任の先生に話す声が聞こえた。
「情けないですよ、あれだけ啖呵切っといて、娘守れなくて・・・。
でも、ここからは私がサポートして行きますから」って。
お母さんもこれから大変だろうと思うけれど、
心強いことばを聞いて、
最悪の中でも、最善の方向に
動いていこうとしているんだなと思えて、少し安心した。


ゆいは、弱虫じゃないから、
きっと、大変でも、時間がかかっても、
しあわせに向かって頑張れるだろう。


春にはたぶんお別れになるゆいに、
結局、何もしてあげられなかったけれど、
せめて、私がもらった優しい記憶のぶんだけ、
「ありがとね」って、伝えた。





二月も今日で終わるね。
また、今年も、春が来るんだね・・・・・・。
[PR]
by noraneko_89 | 2008-02-29 23:40 | そして、ありがとう


ちょっと自己満足? >>